読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

+++ mein deutsche Leben +++

ワーホリビザで念願のドイツ生活。 seit 12.2.2017

Fasnachtumzug in Basel/スイス・バーゼルのカーニバル

日記

間が空いてしまいました。m(_ _)m

金曜日のテストはまずまず。復習きっちりやらねば…抜けが多かったです。

土曜日は食料品の買い出し以外は引きこもり、

日曜日もお店あいてないし雨だしってことで引きこもってましたw

 

そして。

夜中の1時発でバーゼルのカーニバルを見に行ってきました。

学校を通して申し込みましたが、今回はフライブルク市?全体で募集されてたミニツアー的なイベントで、

老若男女がバス3台で一緒にバーゼルへいく的な感じでした。

夜中1時発で2時着、パレードは4時から、6時現地発で朝7時フライブルク帰着。

往復19ユーロ。安い。

 

カーニバルは見事なものでした。

朝4時、街の街灯が一斉に消え、あたりは真っ暗に。

その中で光るのはパレード参加者たちが各々チームごとにそろえ頭につけたランタンの光と山車の光だけ。

それはそれは幻想的でした。

f:id:smith703:20170307074234j:plain

そして、全チームがフルート・ピッコロ+ドラムというシンプルなバンド編成ですが、

ほんとによく揃ってて、そろって練習を重ねる日本の地域のお祭りみたいだなぁと感じました。

f:id:smith703:20170307074145j:plain

 ↑ドラムたたきながらこっち向いてくれた☆

暗かったのでだいぶ加工して明るくしてます。

 

そして、山車みたいな、チームごとのテーマとなる大きな引き車ランタンもありました。

フライブルクと大きく違うのは、社会を風刺する作品が多かったこと。

↓これとかすごかったです。写真とってる人もたくさんいました。

f:id:smith703:20170307074353j:plain

あとはゴミをテーマにしてたり、Brexitだったり、BIOだったり。

見てて考えさせられたり、ほんとうに興味深いものばかりでした。

 

ドイツ人も、ドイツのカーニバルとスイスのカーニバルはまったく違うといってたので

興味ある方は来年ぜひ☆

ドイツとはひと味違うカーニバルが楽しめます。

時期はだいたい、ドイツのカーニバルの1週間あとだそうです。

 

ってことで今日は眠い中授業をうけ、

帰宅後3時間ほど寝ました。笑

仕事の方は注意!

***

Heute bin ich nach Basel gefahren,

weil es Fasnachtumzug dort geben hat.

Der Umzug war sehr schön.