読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

+++ mein deutsche Leben +++

ワーホリビザで念願のドイツ生活。 seit 12.2.2017

住民登録と洗濯と料理。die Anmeldung, waschen, und kochen.

徒然 日記 ドイツお役立ち情報

今日は前回分にも書きましたが、学校のあと住民登録にいってきました。

私が通っている語学学校(AL○ADIA)では、事務スタッフに住民登録したい旨を伝えると、私が学校の生徒であることと、学校の寮に住んでいることの証明書的なものを準備してくれたので、それ+パスポートをもって市役所へ。

市役所?では約30分ほど待ったのち、若いお姉さんが担当してくれて、

住民登録したい(Ich möchte Anmeldung! って普通に間違ってる…笑)と伝えると、

さっきの書類+パスポートを提出&いつきたの?とか、ここの前にどこか別の所に住んでた?という質問に答えて、無事完了。

別のところに住んでいたかどうかを聞くのは、転居と区別するためだと思われます。

私はまったくの新規登録なので、もちろんNeinと答えました。

(念のため寮の住所もメモして持っていったけど不要でした。学校の住所で登録されたのかな?)

 

ちなみに、最初間違えて1階の受付に行っちゃったけど、1階はどうやら住民登録を削除する方の窓口っぽいです。(確証はない。abという文字があったので…笑)

ドイツから帰国する(住民登録を抹消する)際は、この届け出が必要とのことです。

また、転居する場合は転居先の役所で住民登録をすれば、自動的に転居前の役所では転出したことになるらしいです。なので多分もうここにくることはないかな。。

(日本は転居前の役所で転出届→転居後の役所で転入届と2回行かないといけないですからね。。)

なお、住民登録が必要かどうかは自分で確認してみてください。

 

***

住民登録を無事1回で終えたあと、BIOのスーパーとREWEで買い物して帰宅。

そろそろ洗濯しなきゃ、ということで洗濯をしました。

寮では洗濯が1回2ユーロ。洗剤は各自用意。

遠い昔(約6年半前)、初めてドイツにきたときはホームステイだったんですが、

そのとき洗濯は近くのコインランドリーでしないといけなかったので、

それを思い出しつつ同じ感じでコインを投入し、洗濯機に書いてあるコースのドイツ語を調べつつスタート。

約2時間。

長っ…

 

2時間後。

ニットが…グリーンレーベルで買ったお気に入りのニットが…

お子様サイズに。。。orz

はい、確かに日本で選択するときもドライコースだったのに、普通のコースでやった私が悪うございました。。。

ネットで急いで戻す方法を探してやってみましたが、果たして結果は、、、

乞うご期待。笑

ちなみに、2ユーロで動き出したものの、2時間後洗濯物を取りに行ったら

電源落ちてるくせに蓋があかない。

調べたら、電源入ってないとドイツの洗濯機の蓋はあかないらしい。。

…ナンダソレ…!!!

ってことで、しぶしぶ1ユーロ追加したら電源入って、よくよくみると

あと10分!みたいな表示。

どうやら時間or洗濯物の料で2ユーロか3ユーロが決まるみたい。(真偽はまだ不明)

ってことで、再スタートさせて無事にゲットできました。

(でもまだ1ユーロ分は使い切ってないらしく、1ユーロ消費していないことになってた。。(T_T))

 

今晩の晩御飯はパスタ3日目。

ちなみに初日(Montag)はナポリタン、二日目(Dienstag)はボロネーゼ、

そして今日(Mittwoch)はカルボナーラです。

ソースは牛乳+ベーコン+クノールの粉末です。

付け合せは冷凍のブロッコリーとゆで卵。

ドイツ生活、カロリーが高すぎず、かつ栄養のあるものを摂取するのが本当に難しいです。。

 

でも料理は楽しい。久々に時間かけて料理できているので。

(コンロが電熱のヒーターだから時間がかかるという理由もある)

 

そして今日のディナー(Abendessen)はこちら↓

f:id:smith703:20170216054501j:plain

…黒い天の川が…(T_T)笑

カルボナーラの仕上げにはブラックペッパーでしょ!ってことで

意気揚々とかけたはいいものの、開ける方の蓋まちがえました。

胡椒辛いカルボナーラも…ゴホゴホッ 美味しかった…ゴホッ です…(ゴホッッッッ

 

さて。肝心の勉強は進んでいません。。

圧倒的に話せない。。。

そして、生徒(ほとんどフラ語話者の)のドイツ語がまぁ聞き取れない。。

 

ということで、まずはGenau! Ach so! Keine Ahnung! Super! Toll! Richtig! という返事系と、

Wie geht's? sehr gut / super / so-la-la- / nicht so gut / schlecht ,danke. Und du?

あたりを使いこなすことから始めてみたいと思います。

話す練習は本格的に対応を考える必要がありそうです。

(語彙が少なすぎる+相手の言葉が聞き取れない=会話にならないので)

 

Tschüs! Bis morgen!