読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

+++ mein deutsche Leben +++

ワーホリビザで念願のドイツ生活。 seit 12.2.2017

説明できない。。。/Ich konnte keine Erklärung über japanisches Schulsystem machen.

徒然

今日は月曜日。

ということでドイツ生活2週目がスタートしました。

雨。寒かったです。

 

ところで。

私はALPADIA Freiburgという学校に通っています。

通常は全員Standardコース必須なのですが、私はそれに加えIntensiveコースも受講しています。

通常のタイムテーブルは、

09:00 - 10:30 :1コマ目(実質45分×2回分という計算)

10:30 - 11:00 :休憩

11:00 - 12:30 :2コマ目

12:30 - 12:45 :休憩(Standardコースはここで終わり)

12:45 - 13:30 :Intensiveコース受講者のみ、sprechen(speaking)メインの授業

というのが月曜日~金曜日まであります。

(もう一個Premiumコースはこのあとにwritngがあるっぽい)

 

Standardコースは教科書を使い、ドイツ語文法をドイツ語で学ぶ授業です。

私は大学時代の第2外国語がドイツ語だったので、一通りの文法は把握してます

(といってもほとんど忘れてたから来る前に復習はした)

が、それでもほぇぇぇ…ってなります。。。

 

ドイツ語ってロジカルな言語だから、考えたら解けちゃうんですよね。文法問題。。

そして語彙がないので、文の意味自体はよくわからない。

だから、その教科書のテーマについて討論みたいな感じになると

一気に置いてけぼりくらいます。。。

 

そして今日。

ドイツの学校のシステムについて。

ドイツはね~Grundschleのあとは3つに分かれててね~Abiturっていのがあってね~

なんていう話をしてたんですが、

じゃあ自国の学校のシステムを紹介しあおう!となりまして。

 

…いやねぇ、

日本の学校のシステム、もちろん説明できますよ。

…日本語なら。←ココ重要

これをドイツ語で話そうとすると、まったくもって話せなかった;_;

たとえば中学までは義務教育で、そのあとほとんどの学生は高校へいくけど、

中には高専にいく人もいて(そもそも高専って英語すら知らない)、

ほんとに成績悪いとどうなるの?って聞かれて、働くしかない、と。

で、そのあとその子が大学いきたいならどうすればいい?ときかれ、

大検をとれば行ける、といいたいけど、言えるはずもなく。

あとは、日本はAbiturはない(高校卒業すれば、大学の入試の試験資格が自動的に得られるので)けど、大学入試はあるよ、とか…

 

せ、説明できない…;_;

 

先日マンツーマンの会話レッスンをお試しで受けたとき、

日本語で文を考えないことですねーと言われたけども。

言ってることはわかります。英語もそうだったから。

でもまだそこまでいけない。。

 

とりあえずドイツ語で文を考えられる程度までの語彙力アップは急務です。

そして、話す練習も。

ドイツ語は語順が大事(2番めが必ず動詞。助動詞がつく文or副文は末尾に動詞がくるなど)なのですが、今自分がどういう文を話そうとしているかを考えつつ、

あ、gehenは最後につけなきゃ、gemacht…あああ言い忘れた!

とかなる毎日です。

こればっかりは練習なんですかね。。

ってかドイツ人すごいな(笑

 

ちなみに今日、フランス語を話すスイス人とフランス人に

フランス語とドイツ語の文法は似てるの?ってきいたら

全然だよ!!!と言われたので、

彼らも同じなんだなと思ってやる気が湧きました。

のでがんばります。(宿題未完了)

***

Mein zweite Leben in Deutschland hat von heute anfängt.

Zu erklären ist sehr sehr schwer für mich.

Heute konnte icn nicht es machen.

Ich muss viele Vokäbel lernen.

***

 ふむふむ。ワロ。ぽちっ。Danke!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
にほんブログ村